鉄道模型店の特徴について覚えておくと便利です

鉄道模型が欲しいと考えた時に、どれを買うのかを決めるのはもちろんですが、どこで買うのかも非常に大切になってきます。それぞれ鉄道模型店にはメリットデメリットがあるため、それを頭に入れておくだけでかなり使い勝手が違ってきます。

実際に体験したことを元に書いているのでかなり偏った意見もあるかとも思いますが、これから鉄道模型を始める人の参考になれば幸いです。


初心者はまず鉄道模型の専門店に行くのが一番です

何の予備知識もないままに鉄道模型を始めたため、戸惑うことが多かったです。中でも困ったのは模型の大きさが違う点です。縮小サイズの異なる鉄道模型を購入してしまうと、それぞれに適したレールを買わなくてはいけないため費用がかかります。

そもそも初心者ではどのサイズの鉄道模型を買えば良いのかまったくわかりません。そんな姿を見かねたのか、鉄道模型専門店の店員さんが優しく声をかけてくれたのです。そこで知ったのが、鉄道模型には大きく分けてOゲージ、Nゲージ、Zゲージという3種類のサイズがあることです。

Oゲージが一番大きく、その時に実物を見せてもらいましがかなり迫力があり、細部まで作りこまれているので驚いたのを覚えています。思わず衝動買いしそうになりましたが、店員さんに「大豪邸に住んでいるの?」と聞かれて手が止まりました。

単に棚の上に置いて飾るなら良いものの、レールを敷いて走らせるなら、かなりのスペースが必要だからです。そうなると気になるのがZゲージで、Oゲージを見た後だと余計に小ささが際立ちますし、可愛く思えます。だからと言って作りが良くないのかというと決してそんなことはありません。

こちらも細かな部分まで気を配って作られているのがわかります。ただしZゲージは小ぶりなのでジオラマを作るのに向いてはいるものの、種類が少ないです。ちなみに初めに買うと決めていた鉄道模型は、Zゲージにはありませんでした。

落胆しているところで店員さんに勧められたのがNゲージです。鉄道模型に興味がない人でも、一度くらいは耳にしたことがあるかもしれないほど有名なものです。そして少し鉄道模型に詳しくなった現在の私が、初心者にどれが良いかと聞かれたら、やはりNゲージをおすすめします。

理由は種類が豊富なので、お目当ての鉄道模型に出会える確率が高いところです。おまけに値段も手頃なのが良いです。この時に店員さんに教えてもらえなければ、もしかすると今ほど熱心に鉄道模型を取集していなかったかもしれません。

そのためこれから鉄道模型を始めなら専門店に行くべきでしょう。あえて難点を挙げるとすれば、鉄道模型を愛しているからこそ語り始めると止まらなくなる人が多いことです。もちろんこれには個人差があるので、適度にお客さんとの距離感を保ちながら説明してくれる人もいます。

しかし少なくとも私に鉄道模型の魅力を語ってくれた店員さんは、今でも熱心に話をしてくれます。それを煩わしいと感じるなら、他の店舗を探してみましょう。

「鉄道模型のジオラマを作るには」

鉄道模型をインターネット通販サイトで買う場合

最近ではインターネット通販サイトでも鉄道模型を扱っているところは多いです。メリットは何と言ってもさまざまな面で、使い勝手が良い点です。まず実店舗のようにわざわざ出かける手間がかかりません。自宅からパソコンやスマートフォンを操作しておけば、翌日かその次の日、遅くても一週間後くらいには鉄道模型が手元に届くのです。

支払いに関しても口座から引き落とすようにしているので、現金を渡してお釣りを受け取るなどのやり取りをしなくてすみます。加えていろんな部品を扱っているのも、インターネット通販サイトの良い部分です。鉄道模型をやっているとコントローラーや塗料、ジオラマを作る材料などが欲しくなります。

ところが実店舗の場合だと商品を置けるスペースが限られているため、在庫がない場合が多いです。そうなると取り寄せになるので、下手をすると一ヶ月待たされることも珍しくありません。その点インターネット通販サイトなら、素早く対応してもらえることが多いので重宝しています。

デメリットは実物を手にできないことで、パソコンの画面で見た時と手元に届いた鉄道模型の色やデザインが若干違う場合があるのです。これは意外とがっかりしてしまうので、私は鉄道模型は専門店で実際に見てから買うようにしています。

そしてマニアックな部品は、インターネット通販サイトで注文するといったように使い分けています。

鉄道模型を専門に扱ってはいない店舗について

おもちゃ屋さんや家電量販店と呼ばれる店舗でも購入できることがあります。しかし私の自宅の近くにある店舗では、どこも扱っている鉄道模型の数はわずかでした。仮にあったとしてもメジャーな鉄道模型しかなかったことあり、すでに持っているものばかりです。

ただ初心者が試しに買ってみるなら良いでしょう。または自分や親戚の子供にプレゼントする場合にも向いています。お願いすればお祝い用の紙で包装してくれて、リボンまでつけてくれる店舗もあります。それ以外のメリットとしては、特に家電量販店の場合、鉄道模型に使うコントローラーなどの電気系統の商品が豊富にあるところです。

しかも知識が豊富なので、配線に関することをとても丁寧に教えてもらえました。ただ鉄道模型について詳しく話を聞きながら買うかどうかを検討したいなら、あまり適している店舗ではないです。おもちゃ屋さんでは鉄道模型以外のおもちゃも大量に扱っているため、広く浅くといった知識を持っているスタッフさんが在籍しています。

ところが専門店にいる店員さんほど、鉄道模型に精通している人がいるとは思えません。家電量販店については在庫状況を確認しただけですが、自店舗に鉄道模型が置いてあることも知らないスタッフさんがいたので、迷惑がかかるといけないのでそれ以上何も言わずに帰りました。

買取をしてもらうのであれば

鉄道模型店の中には、販売だけでなく買取も行っているところがあるのです。売る場合も基本的には専門店の方が良いです。

理由は鉄道模型に詳しい人がいるため、正しい評価をしてもらえる可能性が高いからです。そのため希少な鉄道模型を所有しているなら、一度査定を受けてみると良いでしょう。

反対にたくさん出回っているであろう鉄道模型の場合、在庫が溢れている可能性が高いです。

あまり高評価が得られなかったので、近所のリサイクルショップに行ったら、そちらの方が高値がつきました。

「鉄道模型コンテストに参加できる条件やマナーについて」

店舗の口コミを信じるのは禁物です

買うにしても売る場合でも、良い鉄道模型店を探す時に口コミを見てから決める人が多いです。参考にする程度なら良いですが、鵜呑みにしてしまうのは危険です。

例えば鉄道模型の買取店を利用したら高値がつきましたという書き込みがあったからといって、必ずしも同じ値段がつくとは限りません。鉄道模型の状態だけでなく、箱や説明者がきれいかどうかで金額は増減するからです。

そもそも実際に利用した人の意見かどうかの確認ができないのです。実は過去にとある店舗の口コミを投稿したのですが、どこを探しても見つけることができませんでした。相性が良くなかったため、そのことを正直に書いたので消去されたのかもしれません。

もちろんたまたま見つけられなかっただけという可能性も否定はできないです。しかし好意的な意見だけを公開している場合もゼロではないわけです。そのため実際に足を運んだり注文してみたりして、店員さんの対応も含めて判断するのが無難です。